MENU

消化器内科について about degestive internal medicine

昭和47年に卒業後、昭和58年までの11年間、母校(京都府立医科大学・第三内科《現・消化器内科》)に残り消化器病学を中心に内科医としての勉強・研修させて頂きました。
 
大学を離れた後も消化器病を中心に診療を続け、数多くの患者様の診断・治療に携わることができました。
 
診断には必要に応じて超音波検査・X線検査・内視鏡検査などを行いますが、特に内視鏡検査についてはこれまでに上部消化管内視鏡検査件数:約20,700例、全大腸内視鏡検査件数・約9,000例の診断・治療に携わる貴重な機会を得ました。
 
平成7年に当地で開院しましたが、当初の数年間は胃癌や大腸癌も根治手術が困難な進行癌を診断することが多く、
滅入ってしまいました。
 
最近では、胃癌患者は少なくなり、昨年(’09年)は上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)411例の中で胃・十二指腸潰瘍や逆流性食道炎などの良性疾患のほか早期胃癌が1例見られたのみでした。
上部消化管では初めて1年を通じて進行癌が1例も無くなり安堵しています。

下部消化管内視鏡検査も便潜血陽性者では積極的に全大腸を観察するようにしており、
5mmを超えるポリープは見つかれば積極的に内視鏡的に切除し、癌への進展を予防するように心がけています。

昨年(’09年)は、全大腸内視鏡検査113例のうち26例でポリープの切除を行いましたが、このうち3例に早期大腸癌が見られました。
さらに、進行大腸癌も3例見つかりましたが、手術後順調に経過しておられます。
胃癌は次第に減少していますが、大腸癌は増加傾向にあります。
その他、潰瘍性大腸炎や、虚血性大腸炎・過敏性腸症候群などの診断・治療も行っています。
 ’08年12月には超音波検査装置を更新し、LOGIQ S6(GE社)の導入で更に鮮明な超音波映像が得られるようになり、
日常診療に大変役立っています。